2009年11月29日

加藤和彦という人物

サディスティック・ミカ・バンドを結成して、ミカをプロデューサーに盗られ、(これって、ジョージハリソンがエリッククラプトンに嫁を盗られるに似てる)んで、その後、結婚した尊敬出来る安井和美には先に逝かれで、もうどうでもよくなったんだろうなぁ〜後はいわば余生だものね( ̄ー ̄)直接は関係ないんだけれど、この話で思い出したのが、中学校の時の先生が云った言葉が印象的でね、その時の話は川端康成がノーベル賞受賞して自殺したという事に関してかなりの個人的な意見だったと思うけど、川端はこれ以上出来ない(自分が楽しめない)と思ったんだと思うという話。うん!(^^)
ラベル:加藤和彦
posted by ネコ族住人 at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | and more | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。